top of page
アンカー 1

​「あすなろ」でできる3つのこと

あすなろでは「自分でできること」を一つでも多く増やしていきます。

感覚を刺激することにより機能の向上に努めます。

そのために主に以下の3つの支援を「あすなろ」では行っています。

<感覚統合支援>

誰かにしてもらうのではなく、子どもたち自身の「やってみよう!」という気持ちを引き出し、適切な感覚刺激を取り入れていきます。

<コミュニケーション支援>

教育・保育・療育の経験を持つスタッフが、言葉や、それ以外でのコミュニケーションのとり方、を伝えていきます。

自分を表現し、伝えようとする気持ちを引き出していきます。

<日常生活自立支援>

身辺自立を含め、「できるようになったらいいな」を保護者の方と一緒に考え、実践していきます。

~標準的な一日の流れ~

step1

あすなろ到着

step2

​全体療育(リトミック・うた・
今日は何の日・おはなし)

カラフルにて

step3

はじめの会

あすなろに戻って

step4

おやつタイム

排せつ、手洗いからの

数種類あるおやつから
​好きなものを選んでいただきます☆

チュッチュグミ(*´з`)

step5

  生活単元・自立活動
(机上活動・動作模倣・
高等総合支援学校に則った
作業プログラム等)

step6

自由あそび
リラックスタイム
​ふれあいあそび

やっぱり一番人気は
​テレビゲーム!

step7

   かえりの会
(うた・送迎の確認・あいさつ)

<児童発達支援 プログラム>

<放課後等デイサービス プログラム>

1 感覚統合

→お子さんが好きな遊びをするなかで、脳の前庭覚や

 触覚、固有受容覚を統合し、周囲の状況の把握と

​ それを踏まえた行動がとれるよう支援していきます。

2 学習プログラム(机上活動・作業あそび)
 

→微細運動を取り入れ、手指の巧緻性の向上や集中力がまるよう支援します。

 提示された課題に一緒に取り組みながら、お子さんのり感やつまづきをとらえ、苦手意識の改善を目標とします。

​→ ・手先遊び(微細運動・手指の巧緻性の向上)
​   ・マッチング課題(いろ・もの・かたち)

リラックスタイム、自由あそび、ふれあいあそび
 
bottom of page